J-クレジット等活用プログラム

J-クレジット制度について

J-クレジット制度は、省エネルギー機器の導入や森林経営などの取組による、CO2などの温室効果ガスの排出削減量や吸収量を「クレジット」として国が認証する制度です。
本制度は、国内クレジット制度とオフセット・クレジット(J-VER)制度が発展的に統合して2013年度に誕生した制度で、国により運営されています。
本制度により創出されたクレジットは、低炭素社会実行計画の目標達成やカーボンオフセットなど、様々な用途に活用できます。

※本「J-クレジット等活用支援プログラム」を運営する(株)イースクエアは、平成21年度より経済産業省の委託を受けて国内クレジットの活用支援を継続的に行ってきましたが、平成25年度には「J-クレジット制度推進のためのJ-クレジット等の活用推進事業」を経済産業省より受託しています。